大和ファンド・コンサルティング
   
HOME お問い合せ English
年金運用コンサルティング   
年金運用コンサルティング
投資一任・助言   
投資一任・助言
ファンド評価   
ファンド評価
会社概要   
会社概要

ファンド調査
 
ファンド評価 
        
 当社はファンド評価のための専門部署(セントラルリサーチ)を設置しています。
 ファンドアナリストは、株式や債券などの伝統的な運用商品はもちろんのこと、PEファンド、インフラファンド、ヘッジファンドなど、多様な運用商品の評価を行っています。
 ファンド評価にあたっては定性分析を重視します。運や偶然によって良好な実績を示す運用ではなく、真に実力のある運用を見極めるには、運用方針、プロセス、運用者の能力、リサーチの能力などの 数値以外の定性分析が不可欠であるためです。
 経験豊富なファンドアナリストによる調査、数多くの過去の分析事例をふまえた評価をもとに、独自のファンド評価情報を提供し、お客様の要望にお応えします。

    (1)大和ファンド・コンサルティングのセントラルリサーチ部門
    (2)社外の「確定拠出年金運営管理機関」、「公募投資信託の販売会社」などにファンド評価サービスを提供
    (3)社内の「年金運用コンサルティング部門」及び「投資一任・助言部門」にファンド評価を実施、情報を提供


ファンド調査プロセス


    (1)伝統的な株式ファンド、債券ファンド、マルチアセットファンドだけでなく、
      PEファンド、インフラファンド、ヘッジファンドまで幅広く調査
    (2)大和ファンド・コンサルティングのデータ収集により独自のデータベースを構築
    (3)適格リストとして確定給付年金向け、確定拠出年金向け各約500ファンドを選定


ファンド調査プロセス


    (1)経験豊富なファンドアナリストが在籍、ファンドアナリスト数は国内有数
    (2)過去15年以上にわたって定性評価を軸とした評価基準を確立
    (3)明確な基準に基づき、チームアプローチによって評価を実施

ファンド調査プロセス