アナリスト・ビデオレター

当社アナリストによる「アナリスト・ビデオレター」を配信しています。
※最新のアナリスト・ビデオレターが表示されていない場合は、ウェブブラウザを最新の情報に更新してからご覧ください。

    1. ▶統合型FoPE戦略について
      ソリューション運用部 シニア・ソリューション・マネージャー 濱井 雅俊(No.027 2021年2月22日)

    2.   


    3. ▶長期・安定的な資産運用に向けて ソリューション営業部長 三田部 充(No.026 2021年2月15日)

    4.   


    5. ▶債券レラティブ・バリュー戦略の現状2
      ソリューション運用部 シニア・ソリューション・マネージャー 菱沼 利勝(No.025 2021年1月25日)

    6.   


    7. ▶債券レラティブ・バリュー戦略の現状 ファンド調査部 矢口 徹(No.024 2021年1月18日)

    8.   


    9. ▶債券レラティブバリュー戦略について ソリューション営業部長 三田部 充(No.023 2021年1月12日)

    10.   


    11. ▶ダイレクトレンディング戦略の調査ポイント ファンド調査部 主査 廣瀬 明徳(No.022 2020年12月21日)

    12.   


    13. ▶ダイレクトレンディングの歴史
      ソリューション運用部 シニア・ソリューション・マネージャー 田邨 卓哉(No.021 2020年12月14日)

    14.   


    15. ▶低金利下の安定収益獲得に向けて ソリューション営業部長 三田部 充(No.020 2020年12月7日)

    16.   


    17. ▶メザニン投資におけるエクイティクッションとは何か
      ソリューション運用部 シニア・ソリューション・マネージャー 濱井 雅俊(No.019 2020年11月30日)

    18.   


    19. ▶デジタルインフラとは ファンド調査部 アナリスト 花塚 麻由(No.018 2020年11月16日)

    20.   


    21. ▶FoPE戦略について ソリューション営業部 副部長 大饗 英明(No.017 2020年11月9日)

    22.   


    23. ▶コロナ禍のインフラファンドへの影響 ファンド調査部 シニアアナリスト 森田 浩平(No.016 2020年10月26日)

    24.   



    25. ▶海外インフラ投資戦略における投資対象別リターン特性 ソリューション運用部 シニア・ソリューション・マネージャー 田邨 卓哉(No.015 2020年10月12日)

    26.   


    27. ▶海外インフラ投資戦略 ソリューション営業部 副部長 横山 淑子(No.014 2020年10月5日)

    28.   


    29. ▶共同投資戦略への投資意義 ソリューション運用部 シニア・ソリューション・マネージャー 田邨 卓哉(No.013 2020年9月28日)

    30.   


    31. ▶共同投資戦略の歴史と調査ポイント ファンド調査部長 今福 明子(No.012 2020年9月14日)

    32.   


    33. ▶共同投資戦略について ソリューション営業部 副部長 大饗 英明(No.011 2020年9月7日)

    34.   


    35. ▶メザニンファンドの各ヴィンテージにおける収益率分布状況
      ソリューション運用部 シニア・ソリューション・マネージャー 濱井 雅俊(No.010 2020年8月31日)

    36.   


    37. ▶国内メザニン戦略について ソリューション営業部 上席課長代理 村田 陽祐(No.008 2020年8月3日)

    38.   


    39. ▶コロナ禍におけるプライベート・エクイティの評価額変動
      ソリューション運用部 シニア・ソリューション・マネージャー 濱井 雅俊(No.007 2020年7月20日)

    40.   


    41. ▶新型コロナ危機でのESG投資の変化 ファンド調査部 シニアアナリスト 廣瀬 明徳(No.006 2020年7月13日)

    42.   


    43. ▶明暗が分かれたコロナ禍の日本株式ロング・ショート戦略 ファンド調査部 シニアアナリスト 堀内 隆史(No.005 2020年7月6日)

    44.   


    45. ▶債券レラティブ・バリュー戦略のご紹介
      ソリューション運用部 シニア・ソリューション・マネージャー 菱沼 利勝(No.004 2020年6月29日)

    46.   


    47. ▶コロナ禍におけるインフラファンドの動向 ファンド調査部 シニアアナリスト 森田 浩平(No.003 2020年6月22日)

    48.   


    49. ▶年初来の株価推移と日本株式ロング・ショート戦略のパフォーマンス ソリューション運用部長 高橋 知宏(No.002 2020年6月15日)

    50.   


    51. ▶コロナウィルスの投資戦略への影響 ファンド調査部 シニアアナリスト 廣瀬 明徳(No.001 2020年6月8日)

    52.   
    1. 【重要な留意事項】
      本資料に記載した情報に基づき当社とお取引頂く場合は、次の事項に十分ご注意ください。
      手数料等およびリスクについて
      1. ●お客様から当社が受領する報酬額は、投資一任契約に係る運用する資産または投資顧問契約におけるご提供するサービス内容、投資顧問契約に基づき当社が分析する運用機関の会社数、分析対象の運用資産の種類等によりお客様と個別に協議させていただいた上、決定いたします。また、お客様のご依頼により遠隔地に出張する場合、出張旅費等の実費を投資一任契約または投資顧問契約に基づきご請求させていただくことがあります。この場合、その他費用等の総額を事前に明示することはできません。

      2. ●その他の費用として、投資一任契約に係る投資対象については、管理報酬、成功報酬、監査費用、弁護士費用等が別途発生し、間接的にお客様の負担となります。なお、これら「その他の費用」についての金額、上限額および計算方法については、投資対象によって異なりますので、ここで表示することはできません。また、お客様と信託銀行との間の信託契約に基づく信託報酬および諸費用が発生しますが、信託銀行が決定するため、その料率や上限額を表示することはできません。詳細につきましては、信託銀行にお問い合わせください。

      3. ●投資一任契約または投資顧問契約により運用または助言する有価証券等についてのリスクは、次のとおりです。
        1. ・金利水準、為替相場、株式相場、不動産相場、商品相場、その他の指標等の変動、有価証券等の発行者の経営・財務状況の変化等に伴い、当該有価証券等の市場価格が変動し、また、その支払いを受けられなくなることがあるため、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。
        2. ・さらに、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引を用いる場合においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過額が生じる)ことがあります。

      当社とのお取引に際しては、必ず契約締結前書面等をよくお読みになり、お客様のご判断と責任に基づいてご契約ください。

      【インデックスの使用について】
      1. ●日経平均株価について
        1. ・日経平均株価等は、日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって算出される 著作物であり、日本経済新聞社は、日経平均株価等自体及び日経平均株価等を算定する手法に対して、 著作権その他一切の知的財産権を有しています。
      2. ●NYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)について
        1. ・NYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)の所有権およびその他の一切の権利は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社(S&P Dow Jones Indices, LLC)が有しています。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社は、同指数の算出にかかる誤謬等に関し、いかなる者に対しても責任を負うものではありません。
      ※当資料について
      ・各種の信頼できると考えられる情報源から作成していますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。
      ・記載されている内容、数値、図表、意見等は当資料作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。
      ・運用実績等は参考とする目的で過去の実績および結果を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
      ・ファンドおよび運用会社の推奨・格付け・投資勧誘を目的としたものではありません。