ファンド評価

大和ファンド・コンサルティングのすべてのサービスのベースとなるファンドの調査を行っています。

平均経験15年を超える高い専門性を持つファンドアナリストのチームです。
伝統的資産はもちろんのこと、PEファンド、インフラファンド、ヘッジファンドの代替投資まで幅広い調査ユニバースを構築しています。
ファンド評価では、外形評価(運用会社・商品性・オペレーション)に運用力評価(運用方針・プロセス・運用者の能力・リサーチ)などを分析し、レーティングを付与します。

特色1

幅広い調査ユニバース

調査ユニバースは独自のデータベース及び外部データベースで構成しています。

  • 第三者機関が提供する外部データベース
  • 独自で収集したデータベース、運用者との面談記録
調査ユニバース

特色2

レーティング体系

外形評価(運用会社・商品性・オペレーション)と運用力評価(運用方針・プロセス・運用者の能力・リサーチ)に基づき、優れたパフォーマンスの再現性が高いファンドを選定します。

レーティング体系

特色3

ファンド評価プロセス

ファンド評価は複数のアナリストで行います。
事前分析に加え運用者との面談を踏まえ、ファンドレーティング会議で評価を決定します。
評価後は、運用状況を継続的にモニタリングします。

ファンド評価プロセス

ファンド評価に関するお問い合わせ

提供サービス一覧